2次元CADによる機械図面の作成および機械板金作業ができる。

※表示したいユニット名をクリックして下さい。ユニットシートが表示されます。

システム番号 システム名 ユニット番号 ユニット名 推奨する確認・
評価ユニット
MS409 機械製図及びCAD基本 MU106-1000-2 機械製図CAD1(投影法)
MU106-1010-2 機械製図CAD2(図形の表し方)
MU106-1020-2 機械製図CAD3(断面図示法)
MU106-1030-2 機械製図CAD4(寸法とはめあい)
MU106-1040-2 機械製図CAD5(表面性状・幾何公差)
MU106-1050-2 機械製図CAD6(機械要素及び課題演習)
MS203 機械板金・プレス作業 MU201-0130-1 箱曲げ展開図法
MU201-0151-1 曲げ加工基本(プレスブレーキ)
MU201-0152-1 曲げ加工(プレスブレーキ)
MU201-X140-2 箱曲げ展開加工 
MU201-0161-1 プレス加工1(プレス加工の概要)
MU201-0162-1 プレス加工2(金型の取扱い)

第3システムまたは第6システムの推奨サブシステム

システム番号 システム名 ユニット番号 ユニット名 推奨する確認・
評価ユニット
Msub207 TIG溶接サブ MU202-0200-1 TIG溶接(下向きビード置き)
MU202-0220-1 直流TIG溶接1(下向き溶接)
MU202-0210-2 交流TIG溶接1(下向き溶接)
Msub212 精密機械板金サブ1 MU201-0171-1 NCタレットパンチプレス1 (プログラミング基本)
MU201-0172-1 NCタレットパンチプレス2 (プログラミング応用)
MU201-0200-1 NCタレットパンチプレス5 (機械操作)
Msub213 精密機械板金サブ2 MU201-0210-1 NCタレットパンチプレス6 (展開計算・課題作成)
MU201-X220-1 NCタレットパンチプレス7 (課題作成)
Msub216 ガス溶接・切断サブ MU202-0010-1 ガス溶接
MU202-0030-2 ガス切断・プラズマ切断
MU999-0010-1 自由研削といし
Msub220 アルミニウム合金溶接サブ MU202-0210-2 交流TIG溶接1(下向き溶接)
MU202-1011-2 交流TIG溶接2(立向き溶接 曲げ試験)
MU202-1231-2 MIG溶接(アルミニウム合金)
Msub227 高機能材料の精密板金, (曲げ加工) MU201-X300-3 高機能材料の曲げ加工1
MU201-X310-3 高機能材料の曲げ加工2
MU201-0320-3 表面仕上げ作業
Msub228 レーザー加工 MU201-X400-3 レーザー加工技術1
MU201-X410-3 レーザー加工技術2
Msub232 金属塗装サブ MU299-X010-1 金属塗装1
MU299-X020-1 金属塗装2
Msub238 炭酸ガスアーク薄板溶接サブ1 MU202-0110-1 炭酸ガスアーク溶接1(薄板下向き溶接)
MU202-0430-1 炭酸ガスアーク薄板溶接1(角部の溶接)
MU202-0440-1 炭酸ガスアーク薄板溶接2(T継手)
Msub239 被覆アーク溶接・といしサブ MU202-0061-1 被覆アーク溶接1(下向きビード置き)
MU202-0062-1 被覆アーク溶接2(水平すみ肉溶接 薄板下向き溶接)
MU999-0010-1 自由研削といし
Msub303 ロボット溶接サブ MU305-0010-1 産業用ロボット
MU305-1000-2 ロボット溶接Ⅰ(ティーチング)
MU305-1010-3 ロボット溶接Ⅱ(プログラミング)
Msub404 3次元CADサブ1 MU401-1050-3 3次元CAD1(3次元形状の作成)
MU401-1060-3 3次元CAD2(3次元形状の編集)
MU401-1100-3 3次元CAD3(2次元図面への展開)
Msub405 3次元CADサブ2 MU401-1090-3 3次元CAD4(アセンブリモデリング)
MU401-1080-3 3次元CAD5(サーフェス)
MU401-1110-3 3次元CAD基本総合(課題演習)
Msub409 IT基本サブ MU499-1010-1 文書データ処理
MU499-1020-1 表計算データ処理
MU499-1030-2 プレゼンテーション技法
Msub703 構造物運搬サブ3(フォークリフト) MU703-X011-1 フォークリフト運転1
MU703-X012-2 フォークリフト運転2
MU703-X013-2 フォークリフト運転3
Msub801 品質管理基本サブ1 MU499-1010-1 文書データ処理
MU499-1020-1 表計算データ処理
SU504-1030-3 QC手法
Msub802 品質管理基本サブ2 MU803-1000-3 品質管理
MU802-1020-3 原価管理と原価低減
MU802-1010-3 作業管理とその改善
    注)仕上がり像の組み合わせについては、以下の2種類の選択方法をとることとする。
        選択1.「仕上がり像A」+「仕上がり像B」
        選択2.「仕上がり像A」+「仕上がり像C」
    ※ サブシステムは3ユニットで構成されている。
    ※ 確認・評価を実施するユニットについては、モデルとして推奨するものであり、施設の地域ニーズに合わせた独自の 課題で実施する場合には、既存のユニット名の後に(確認・評価)を記載するか、又は、応用課題(課題名)を記載 して実施すること。