機械装置の保守・保全及び改善ができる。

※表示したいユニット名をクリックして下さい。ユニットシートが表示されます。

第3システムまたは第6システムの推奨サブシステム

システム番号 システム名 ユニット番号 ユニット名
    注)訓練の実施にあたっては、「仕上がり像A」→「仕上がり像B」の順が望ましい 
    ※ 確認・評価を実施するユニットについては、モデルとして推奨するものであり、施設の地域ニーズに合わせた独自の課題で実施する場合には、既存のユニット名の後に(確認・評価)を記載するか、又は、応用課題(課題名)を記載して実施すること。