設備診断・設備の保全作業ができる。

※表示したいユニット名をクリックして下さい。ユニットシートが表示されます。

システム番号 システム名 ユニット番号 ユニット名 推奨する確認・
評価ユニット
MS606 油空圧装置保全 MU301-0011-1 油圧技術1(機器)
MU301-0012-2 油圧技術2(実用回路)
MU601-1150-2 油圧装置保全
MU301-0090-2 空気圧制御
MU301-0101-2 電気空気圧制御1(リレー制御)
MU601-1160-2 空気圧装置保全
MS607 補修工作実務 MU199-0010-1 工作基本
MU105-0030-1 切削技法1(旋削)
MU105-0050-1 切削技法3(フライス加工)
MU202-0061-1 被覆アーク溶接1(下向きビード置き)
MU202-0010-1 ガス溶接
MU202-0200-1 TIG溶接(下向きビード置き)
MS608 設備診断 MU601-1170-2 設備診断計画
MU601-1180-3 設備診断実務1(表面欠陥検出)
MU601-1190-3 設備診断実務2(構造診断)
MU601-1200-3 設備診断実務3(回転振動診断)
MU601-1210-3 設備診断実務4(潤滑油診断)
応用課題(課題名:   )
  • 訓練の実施にあたっては、「仕上がり像A」→「仕上がり像B」の順が望ましい
  • 確認・評価を実施するユニットについては、モデルとして推奨するものであり、施設の地域ニーズに合わせた独自の課題で実施する場合には、既存のユニット名の後に(確認・評価)を記載するか、又は、応用課題(課題名)を記載して実施すること。