ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット RTOSの実装 分類番号 EU303-X550-3 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)実装フローについて知っている。    
  (2)マルチタスクへ移行するまでの処理について知っている。    
  (3)ワークスペースプロジェクトの作成と設定    
  (4)ROM化(実装)ができる。    
  (5)マルチタスクプログラムの基本的なデバッグ作業ができる。    
  (6)付属のドライバの設定ができる。    
  (7)安全衛生作業ができること。    
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  開発概要 (1)開発環境 6  
     イ.開発の流れ             ロ.開発装置    
    (2)実装フロー    
    (3)マルチタスクへ移行するまでの処理    
     イ.マルチタスクへの移行    
     ロ.main関数が起動するまでの処理    
      1)一般的な場合      2)専用のスタートアップルーチンの場合    
         
  実装実習 (1)最小限の新規ワークスペースプロジェクトの作成   11.5
     イ.新規ワークスペースプロジェクトの作成    
     ロ.ファイルの追加    
    (2)ワークスペースプロジェクトの設定    
     イ.マクロの設定  ロ.インクルードパスの設定  ハ.ライブラリの設定    
     ニ.その他オプション設定    
    (3)動作確認    
    (4)ROM化(実装)    
    (5)デバッグ    
     イ.オブジェクトのステータス   ロ.タスクトレース    
    (6)付属のデバイスドライバの設定    
     イ.シリアルドライバ  ロ.ネットワークドライバなど    
         
         
         
  安全衛生 (1)安全一般 0.5  
    (2)整理整頓    
         
         
         
         
         
         
         
         
         
      6.5 11.5
  使用する機械
器具等
パソコン、ターゲットボード、Cコンパイラ、リンカ、デバッガ、統合開発環境
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード