シ様式第1-3号
                                        ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット リアルタイム処理プログラミング2(排他制御) 分類番号 EU303-X610-3 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)資源の扱いについて知っている    
  (2)セマフォを利用した排他制御プログラムが書ける    
  (3)優先後継承、優先度上限プロトコルについて知っている    
  (4)ミューテックスを利用した排他制御プログラムが書ける    
  (5)スタンダードプロファイル内のAPIで優先度上限プロトコル対応のプログラムが書ける    
  (6)タスク優先度を揃えることが排他制御となることが理解できる    
  (7)タスクー非タスク間の排他制御手法について知っている    
  (8)安全衛生作業ができること    
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  排他制御の概要 (1)資源(リソース) 0.5  
    (2)排他制御の手法    
         
         
  セマフォ (1)セマフォとは 1.5 4
    (2)セマフォの生成    
    (3)セマフォの獲得と返却    
    (4)グローバル変数とセマフォ    
    (5)セマフォでイベントを伝える    
    (6)デッドロック    
    (7)セマフォを利用したプログラミング    
         
  ミューテックス (1)ミューテックスとは 1.5 4.5
     イ.優先度逆転    
    (2)優先度継承プロトコル、優先度上限プロトコル    
    (3)ミューテックスの生成    
    (4)ミューテックスのロックとアンロック    
    (5)ミューテックスを利用したプログラミング    
         
         
  その他の手法 (1)ミューテックスを利用しない優先度上限プロトコル 1.5 4
    (2)タスク優先度を揃えることによる排他制御    
    (3)タスクータスク間、タスクー非タスク間での排他制御    
    (4)その他    
    (5)上記手法を利用したプログラミング    
         
         
         
  安全衛生 (1)安全一般 0.5  
    (2)整理整頓    
         
         
         
         
      5.5 12.5
  使用する機械
器具等
パソコン、ターゲットボード、Cコンパイラ、リンカ、デバッガ、統合開発環境、RTOS
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード