シ様式第1-3号
                                        ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット リアルタイム処理プログラミング3(タスク間通信機能) 分類番号 EU303-X620-3 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)イベントフラグを利用したプログラムが書ける    
  (2)メモリ管理機能について知っている    
  (3)3種類のメッセージ機能の特徴について知っている    
  (4)メールボックスを利用したプログラムが組める    
  (5)データキューを利用したプログラムが組める    
  (6)安全衛生作業ができること    
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  イベントフラグ (1)イベントフラグの動作 1 4.5
    (2)イベントフラグの生成    
    (3)イベントフラグ待ち    
    (4)イベントフラグのセット    
    (5)イベントフラグのクリア    
    (6)イベントフラグのクリアタイミング    
    (7)イベントフラグでタスク間通信    
    (8)イベントフラグを利用したプログラミング    
         
  メモリ管理機能 (1)固定長メモリプールと可変長メモリプールの比較 0.5  
    (2)固定長メモリプールの生成    
    (3)固定長メモリブロックの獲得と返却    
         
         
  メッセージ機能 (1)メッセージ機能の種類 2.5 9
     イ.メールボックス ロ.メッセージバッファ ニ.データキュー    
    (2)メールボックス    
     イ.メッセージのキューイング ロ.メッセージ優先度    
     ハ.メールボックスの生成   ニ.メールボックスの送信受信    
     ホ.メールボックス利用法(固定長メモリプールとの組合せ)    
     ヘ.ベールボックスを利用したプログラミング    
    (3)データキュー    
     イ.固定長メモリプールと組み合わせた利用法    
     ロ.データキューの強制送信    
     ハ.データキューを利用する上での注意事項    
     ニ.データキューを利用したプログラミング    
         
  安全衛生 (1)安全における要点 0.5  
    (2)衛生における要点    
         
         
         
         
         
      4.5 13.5
  使用する機械
器具等
パソコン、ターゲットボード、Cコンパイラ、リンカ、デバッガ、統合開発環境、RTOS
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード