シ様式第1-3号
                                        ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット リアルタイム処理プログラミング4(タイムイベントハンドラ) 分類番号 EU303-X630-3 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)コンテキストについて知っている    
  (2)処理の優先順位について知っている    
  (3)遅延ディスパッチについて知っている    
  (4)周期ハンドラを応用したプログラムが組める    
  (5)アラームハンドラを応用したプログラムが組める    
  (6)オーバーランハンドラを応用したプログラムが組める    
  (7)タスク例外処理を応用したプログラムが組める    
  (8)安全衛生作業ができること    
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  コンテキスト (1)タスクと非タスクコンテキスト 1  
    (2)処理の優先順位    
    (3)コンテキストで分けるシステムコール    
    (4)遅延実行(遅延ディパッチ)    
         
  タイムイベント (1)周期割り込み 1  
  ハンドラ (2)時間管理機能    
    (3)タイムイベントハンドラの種類とその特徴    
    (4)タイムイベントハンドラの記述    
         
  周期ハンドラ (1)周期ハンドラの起動タイミング 1.5 5.5
    (2)周期ハンドラに関するAPI    
    (3)タイムアウト付きAPIの動作検証    
    (4)デバッガのタスクトレース機能    
    (5)アイドルタスクの応用    
    (6)拡張情報の応用    
    (7)ラウンドロビンスケジューリング    
    (8)周期ハンドラを応用したプログラミング    
         
  アラームハンドラ (1)アラームハンドラ起動タイミング 0.5 2.5
    (2)アラームハンドラに関するAPI    
    (3)アラームハンドラを応用したプログラミング    
         
  オーバーラン (1)オーバーランハンドラ起動タイミング 0.5 2
  ハンドラ (2)オーバーランハンドラに関するAPI    
    (3)オーバーランハンドラを応用したプログラミング    
         
  例外処理 (1)タスク例外処理とは 0.5 2.5
    (2)タスク例外処理に関するAPI    
    (3)タスク例外処理ルーチンの起動と終了    
    (4)タスク例外処理を応用したプログラミング    
         
  安全衛生 (1)安全一般 0.5  
    (2)整理整頓    
      5.5 12.5
  使用する機械
器具等
パソコン、ターゲットボード、Cコンパイラ、リンカ、デバッガ、統合開発環境、RTOS
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード