シ様式第1-3号
                                        ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット メールシステムの構築(組込みLinux編) 分類番号 EU303-X700-3  自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)メールシステムの仕組みについて知っている。    
  (2)メールサーバーの設定ができる。    
  (3)SMTPを利用したメール送信プログラムが書ける。    
  (4)POP3を利用したメール受信プログラムが書ける。    
  (5)MIMEを利用した送受信プログラムが書ける。    
  (6)安全衛生作業ができること。    
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  メールサーバー (1)メールサーバーの構築 0.5 0.5
  の構築   イ.アカウント                  ロ.ドメイン    
      ハ.メールボックス              ニ.パスワード     
    (2)メールサーバー動作確認    
      イ.メーラーの設定              ロ.メール送受信テスト    
         
  SMTPプロトコル (1)SMTPプロトコルとコマンド 0.5 1
    (2)telnet(メールクライアント)を利用したメールサーバーへのメール    
       送信コマンドシーケンス    
    (3)メーラーによるメール送信の動作確認    
         
  POP3プロトコル (1)POP3プロトコルとコマンド 0.5 1
    (2)telnet(メールクライアント)を利用したメールサーバーからのメール    
       受信コマンドシーケンス    
         
  組込みLinux (1)ターゲットへのメールシステム実装 2 12
  ターゲットへの   イ.ターゲット(メール送信)とメールサーバー    
  メールシステム   ロ.ターゲット(メール受信シリアルポート出力)とメールサーバー    
  実装 (2)MIMEを利用したカメラ画像ファイルの添付メール送信    
         
         
         
  安全衛生 (1)安全一般    
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
      3.5 14.5
  使用する機械
器具等
パソコン、汎用OS(WindowsまたはLinux)、ネットワーク環境(ケーブル,スイッチングハブ)、仮想OSと仮想ネットワーク環境(適時)、ターゲットボード、クロス開発環境(Cコンパイラ、リンカ、デバッガ)、組込みLinux、メールサーバー
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード