ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット USBドライバ開発(応用) 分類番号 EU304-X314-3 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)インタラプト転送に必要になるURB構造体を理解できる    
  (2)URBを利用したデバイスドライバを作成できる    
  (3)USB機器の設計からドライバ、ホストアプリケーションの流れが理解できる    
  (4)接続したUSB機器を利用したホストGUIアプリを作成できる    
  (5)安全衛生作業ができること。    
       
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  ドライバ開発演習 (1)インタラプト転送用ドライバ開発 2 6
    (2)URBについて    
    (3)URB機能を追加したドライバ開発実習    
    (4)動作用のホストCUIアプリケーションの作成実習    
         
  応用演習 (1)作成するUSB機器の仕様について 1.5 8
    (2)ターゲットボード開発    
    (3)Windowsへの接続動作・確認    
    (4)Linuxデバイスドライバ開発    
    (5)Linuxボードへの移植    
    (6)GUIホストアプリケーション開発    
        例)・USB機器からのアナログデータの取り込み    
          ・ホスト(LinuxOS)上のフレームバッファへのグラフ描画    
         
  安全衛生 (1)安全一般 0.5  
    (2)整理整頓    
         
         
       
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
      4 14
  使用する機械
器具等
WindowsパソコンもしくはLinuxパソコン、フレームバッファを実装した組込み評価ボード(LinuxOS)、USBターゲットボード
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード