ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット システムコールプログラミング(応用) 分類番号 EU304-X440-3 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)プロセス間通信やスレッドについてよく理解していること。    
  (2)Linuxのブート処理についてよく理解していること。    
  (3)ファイルシステムの取り扱いについてよく理解していること。    
  (4)デバイスドライバへのハンドリングについてよく理解していること。    
  (5)ハードウェア制御についてよく理解していること。    
       
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  プロセス間通信 (1)パイプによるプロセス間通信 1.5 3
    (2)排他制御(セマフォ)    
    (3)メッセージキュー    
    (4)共有メモリ    
      1 3
  スレッドと (1)スレッドの利点と欠点    
  排他制御 (2)POSIXスレッドによる処理    
    (3)mutexによる排他制御  
         
  ファイルシステム (1)ファイルシステムの取り扱い 1.5 3
     イ.openとcloseシステムコールの処理    
     ロ.writeシステムコールの処理    
      二.readシステムコールの処理    
    (2)標準入出力の場合のファイルシステムコールの処理    
         
  ハードウェア制御 (1)デバイスドライバへのハンドリング 1.5 3
         
    (2)デバイスドライバによるスイッチの読み取りとLEDの点灯    
         
         
       
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
  安全衛生 (1)安全一般 0.5  
    (2)整理整頓    
      6 12
  使用する機械
器具等
パソコン、クロス開発環境(コンパイラ、リンカ、デバッガ)、組込みLinux
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード