ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット データ整理とアプリケーション活用2 分類番号 IU105-X530-2 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)表計算ソフトウェアのデータベース機能が利用できること。    
  (2)表計算ソフトの関数の活用ができること。    
  (3)マクロを利用した表計算処理について知っていること。    
  (4)安全衛生作業ができること    
       
       
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  データベース機能 (1)データベース概要 3 5
         ・データベース概要    
       ・ソート機能    
       ・オートフィルタ    
       ・集計    
       ・統合    
       ・ピボットテーブル    
         
  関数の利用 (1)論理関数利用 3 5
    (2)検索関数利用    
    (3)データベース関数利用    
         
  マクロ関数 (1)マクロについての基礎知識 1 1
    (2)マクロの作成方法    
    (3)マクロの実行とデバッグ    
         
  安全衛生 (1)VDT作業と安全衛生    
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
      7 11
  使用する機械
器具等
パソコン一式
表計算ソフトウェア
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード