ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット システム設計(ファイル・コード設計) 分類番号 IU401-X014-2 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)コード化の目的・意義についてよく知っていること    
  (2)コード設計手順についてよく知っていること    
  (3)コード・ブックが作成できること    
  (4)ファイルの種類について知っていること    
  (5)アロケーションの必要性について知っていること    
  (6)ファイル管理の重要性について知っていること    
  (7)ファイル設計書が作成できること    
  (8)安全衛生作業ができること    
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  システム設計 (1)システム設計の位置づけ 1  
  概論 (2)コード化の意義  コードの体系化、ファイル設計    
         
  コード設計手 (1)対象の決定 1  
  (2)目的の明確化  使用範囲の決定    
    (3)対象の特性分析    
    (4)付番方式の決定    
         
  コード化の事例 (1)具体例の提示   5
         
  コード・ブッ (1)提示したモデルに基づいてコード・ブックを作成 1  
  クの作成      
         
  ファイルの種類 (1)マスターファイルとトランザクションファイル 1  
         
  ファイル編成 (1)順編成・直接編成・索引順次編成ファイル 1  
  法と容量とア (2)ファイル関連性の分析、ファイル容量の計算    
  ロケーション (3)アロケーションの決定    
         
  レイアウトの (1)決定媒体特徴の再把握 1  
  設計 (2)項目配列の検討、データ・レコード・レイアウト    
         
  コードとファ (1)チェックデジット  誤り検査の方法 1  
  イル管理 (2)管理体制    ファイルの保管規則    
    (3)ファイルのクリエート、ファイルメンテナンス    
         
  ファイル設計 (1)提示したモデルに基づいてファイル設計書を作成   6
  書の作成      
         
  安全衛生 (1)VDT作業と安全衛生    
         
         
         
         
      7 11
  使用する機械
器具等
パソコン一式
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード