ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット 機械製図CAD5(表面性状・幾何公差) 分類番号 MU106-1040-2 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)表面性状について知っていること    
  (2)幾何公差について知っていること    
  (3)各種関連記号の記入と図示ができること    
  (4)CADによる文字記入ができること    
  (5)CADによる各種図示、記号の記入ができること    
  (6)VDT作業について知っており、安全衛生作業ができること    
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  表面性状の図示法 (1)表面粗さの定義 3 1
    (2)表面粗さの区分    
    (3)仕上げ記号    
    (4)粗さと加工法の記入法    
    (5)表面性状の図示法    
         
  幾何公差 (1)幾何公差の種類と公差 7 1
    (2)幾何公差の図示法    
         
  コマンドの使い方 (1)文字入力設定   3
    (2)文字入力    
         
  記号の作成 (1)CADによる表面性状及び幾何公差記号の図示   3
         
         
  安全衛生 (1)安全における要点    
    (2)衛生における要点    
         
         
         
         
         
           
         
         
         
           
         
         
         
         
         
         
         
      10 8
  使用する機械
器具等
CADシステム一式、視聴覚教材一式
    備  考 製図およびCADの内容をユニット内で同時進行できなければ、「機械製図及びCAD基本システム(MS409)」の期間内で到達水準を満たせる運用ができればよい。(例:製図部分を数日まとめて実施したのちCADを実施する)
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード