ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット 機械要素設計(伝動装置編) 分類番号 MU106-X310-2 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)伝動装置の種類と規格について知っていること。    
  (2)目的に応じた伝動装置の選定ができること。    
  (3)仕様に応じた伝動装置の設計計算、選定ができること。    
  (4)VDT作業について知っており、安全衛生作業ができること    
       
       
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  伝動装置の種類 (1)歯車の種類と規格 3  
    (2)ベルトとプーリの種類と規格    
    (3)チェーンとスプロケットの種類と規格    
         
  伝動装置の選定 (1)歯車の選定 3 3
    ・歯車の伝達動力と伝達速度比    
    ・歯車列    
    (2)ベルトとプーリの選定    
    ・ベルトとプーリの伝達動力と伝達速度比    
    ・ベルトの掛け方と長さ    
    (3)チェーンとスプロケットの選定    
    ・チェーンとスプロケットの伝達動力と伝達速度比    
    ・チェーンの掛け方と長さ    
    (4)課題演習    
         
  伝動装置の設計 (1)歯車の設計 3 6
    ・歯車の強度計算    
    ・歯車の寸法決定と製図    
    (2)プーリの設計    
    ・プーリの強度計算    
    ・プーリの寸法決定と製図    
    (3)スプロケットの設計    
    ・スプロケットの強度計算    
    ・スプロケットの寸法決定と製図    
    (4)課題演習    
         
  安全衛生 (1)安全における要点    
    (2)衛生における要点    
         
         
         
         
         
         
      9 9
  使用する機械
器具等
関数電卓、製図機器
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード