ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット 3次元CAD応用3(金型構造モデリング) 分類番号 MU401-1140-3 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)金型構造とその設計について知っていること    
  (2)3次元CADで金型構造のモデリングができること    
  (3)アセンブリと干渉チェックができること    
  (4)VDT作業について知っており、安全衛生作業ができること    
       
       
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  金型構造設計 (1)キャビティ配置の検討 6  
    (2)モールドベースの選定    
    (3)金型機能の検討(冷却、突き出し方式など)    
    (4)標準部品について    
         
  金型構造のモデリ (1)3次元CADによる金型構造部品のモデリング   12
  ング  (モールドベース、突き出しピンなど)    
    (2)アセンブリと干渉チェック    
         
  安全衛生 (1)安全における要点    
    (2)衛生における要点    
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
      6 12
  使用する機械
器具等
3次元CAD、金型設計モジュール、視聴覚教材
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード