ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット 3次元CAD設計5(設計編) 分類番号 MU401-X460-3 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)3次元CADシステムについて知っており、操作ができること    
  (2)トップダウンを利用したアセンブリモデルの作成ができること    
  (3)3次元CADシステムを利用した設計作業ができること    
  (4)設計変更に柔軟に対応しうるアセンブリモデルの作成ができること    
  (5)VDT作業について知っており、安全衛生作業ができること    
       
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  アセンブリを活 (1)アセンブリモデリングの概要 1 3
  用した製品設計 (2)設計ツールとしての3次元CAD活用    
         
  設計検証 (1)構想設計における3次元CAD活用 3 10
     イ.仕様と目標値の確認    
     ロ.部品表と設計基準の検討    
     ハ.機能展開による構成要素ツリーの作成(樹形図)    
     ニ.アセンブリの作成(3次元CADによる樹形図の再現)    
     ホ.簡易部品モデルの作成    
     ヘ.図面による位置(寸法)の検証    
    (2)設計変更とモデル構築手順の関係    
     イ.仕様との検証作業    
     ロ.構成ユニットと部品の設計基準の明確化    
     ハ.詳細な部品モデルの作成作業    
     ニ.3次元CADによる部品の作り込みと設計検証    
         
  安全衛生 (1)安全における要点 1  
    (2)衛生における要点    
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
      5 13
  使用する機械
器具等
提示装置、関数電卓        
    備  考 在職者訓練「設計ツールを活用した製品設計技術(構想・組立設計編)」と同じ流れで実施
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード