ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット 静弾性解析3(実践編) 分類番号 MU402-X140-3 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)解析目的を明確にできること    
  (2)解析対象構造をモデル化できること    
  (3)拘束および荷重条件をモデル化できること    
  (4)実践的に解析評価ができること    
  (5)VDT作業について知っており、安全衛生作業ができること    
       
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  前準備 (1)解析目的の明確化 3  
    (2)費用と効果    
         
  解析目的 (1)挙動の明確化 2  
    (2)評価基準    
         
  解析対象構造 (1)形状寸法 4  
    (2)要素の選択    
    (3)要素分割    
    (4)材料特性    
         
  拘束条件 (1)拘束条件の妥当性   2
    (2)対称問題    
         
  荷重条件 (1)荷重条件の妥当性   2
    (2)荷重状態    
         
  結果検討 (1)定性的   5
    (2)定量的    
    (3)強度評価    
    (4)まとめ    
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
      9 9
  使用する機械
器具等
CAD/CAEシステム、プレゼンテーションシステム
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード