ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット 超音波探傷試験 分類番号 MU502-0080-2 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)超音波探傷試験の概要について知っていること    
  (2)超音波探傷試験器の取扱いができること    
  (3)垂直探傷法ができること    
  (4)斜角探傷法ができること    
  (5)安全衛生作業ができること    
       
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  超音波探傷試 (1)超音波探傷試験の原理 2 3
  験の概要 (2)探傷器の準備と取扱い    
    (3)標準試験片と対比試験片    
    (4)接触媒質    
         
  垂直探傷法 (1)試験材料に適した測定範囲の調整   6
    (2)反射源の位置測定    
    (3)遅れエコー    
    (4)円柱面エコー    
    (5)探傷感度の調整    
    (6)底面エコー方式によるきずの評価    
         
  斜角探傷法 (1)斜角探傷法の幾何学   7
    (2)板厚に適した測定範囲の選定    
    (3)入射点・測定範囲の調整    
    (4)STB屈折角の測定    
    (5)反射源位置の測定    
    (6)試験片方式によるきずの評価    
    (7)エコー高さ区分線の作成    
         
  安全衛生 (1)4S(整理、整頓、清掃、清潔)    
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
      2 16
  使用する機械
器具等
超音波探傷試験器一式、標準試験片等
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード