ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット 油圧装置保全 分類番号 MU601-1150-2 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)油圧システムを構成ずる機器の機能を知っていること。    
  (2)油圧システムを構成ずる機器の用途を知っていること。    
  (3)油圧回路のトラブル時の原因追求ができ、その対策方法ができること。    
  (4)油圧作動油の汚染度の測定ができること。    
  (5)作動油の劣化から機器のトラブル防止対策ができること。    
  (6)安全衛生作業ができること。    
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  油圧システム (1)油圧システムの概要 1  
         
  油圧ポンプ (1)ポンプの種類と用途 1 1
         
  圧力制御弁の構造 (1)圧力制御弁の種類リリーフ弁、シーケンス弁、減圧弁 1 1
  と機能 (2)各圧力制御弁の構造と動作原理    
    (3)圧力制御弁の保守方法    
         
  方向制御弁の構造 (1)方向制御弁の種類 1 1
  と機能 (2)電磁切換弁の構造と動作原理    
    (3)電磁切換弁の保守方法    
         
  流量制御弁の構造 (1)流量制御弁の種類 1 1
  と機能 (2)流量制御の方法    
         
  アクチュエータの (1)油圧シリンダーの構造と動作原理 2 1
  構造と機能 (2)油圧シリンダーの保守方法    
         
  油圧装置保全の心 (1)シール構造について 1 2
  (2)油漏れの原因追求方法    
    (3)油圧作動油の汚染度測定    
    (4)油圧作動油の管理項目    
    (5)振動防止    
         
  トラブル原因分析 (1)トラブル事例 3  
  と対策 (2)トラブル現象とその原因分析・対策    
         
  安全衛生 (1)安全衛生作業    
         
         
         
         
         
         
      11 7
  使用する機械
器具等
油圧ポンプ、圧力制御弁、流量制御弁、方向制御弁、タンクユニット、油圧シリンダー、油圧シリンダー用パッキン、カセットテスター
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード