ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット CRMの実際 分類番号 SU401-1760-3 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)CRMの方法を知っていること      
  (2)顧客情報をデータべース化できること        
  (3)顧客データを分析することができること      
  (4)LTVの有効性みを知っていること        
  (5)VDT安全衛生作業ができること        
           
           
         
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  CRMの概要 (1)CRMとは   3 4
    (2)CRM経営では現場への権限委譲がカギ      
    (3)ボトルネックの理論      
         
  顧客(個客)の生涯 (1)商品軸での経営からの脱皮   4  
  価値(LTV) (2)売上げ増減の要因      
    (3)顧客(個客)生涯価値(LTV)      
    (4)LTVの歴史と進化      
         
  CRM経営構築 (1)CRM推進体制の構築   2  
  の手順と実践 (2)データマイニング手法      
         
           
           
  SCMとERP (1)データベースマーケティングの有効性   3  
  の関係 (2)RFM分析とCRM経営への展開      
         
           
  LTVの拡大と (1)LTVの拡大に向けたマーケットの逸失対策   2  
  スイッチ(離反) (2)スイッチ(離反)の原因と対策      
  防止        
         
  安全衛生 (1)VDT安全衛生作業について      
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
        14 4
  使用する機械
器具等
パソコン一式、ネットワーク一式、ソフトウェア一式
  備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード