ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット 福祉サービス実践技術Ⅳ
(在宅介護支援センター・訪問看護)
分類番号 SU603-X110-2 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)地域の福祉ニーズを把握し、在宅介護支援センター及び訪問看護    
      サービスの役割と機能をよく知っていること    
  (2)在宅事例を通して在宅介護支援センター及び訪問看護サービスの    
      業務内容と活動方法をよく知っていること     
  (3)在宅介護支援センター及び訪問看護サービスの実践活動を通して、    
     ホームへルプサービスとの連携のあり方についてよく知っていること    
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  実習オリエンテー (1)実習の目的と目標 2  
  ション (2)実習施設の概要と特徴    
    (3)実習計画とすすめ方    
    (4)介護実習記録の方法    
    (5)介護実習の心構えと留意点    
         
  在宅介護支援セン (1)在宅介護支援センター業務の体験実習   8
  ターの実践技術    ・在宅介護支援センターの事業概要と組織体制    
       ・在宅介護支援センターの業務内容と活動の実際    
       ・在宅生活者の福祉ニーズの把握と総合的支援活動の    
         実際(職員との同行訪問)    
       ・介護サービスとの連携のあり方    
         
  訪問看護サービス (1)訪問看護サービス業務の体験学習   8
  の実践技術   (訪問看護ステーション、市町村保健婦との同行訪問に    
    よる)    
       ・訪問看護サービスの概要と組織体制    
       ・訪問看護サービスの業務内容と活動の実際    
       ・訪問事例の状況把握と看護サービスの実践過程の把    
       握    
       ・他機関及び関連職種との連絡及び調整と介護サービ    
         スとの連携のあり方    
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
      2 16
  使用する機械
器具等
 
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード