ユ ニ ッ ト シ ー ト
  氏  名    
 
  ユニット 応用介護技術Ⅲ
(清潔・福祉機器・症状別対応)
分類番号 SU603-X403-2 自 己評 価 指導員確 認
  到達水準 (1)身体状態に問題のある対象に対する介護者としてのアプローチ方法    
      を把握し介護技術の応用展開の方法を知っていること      
  (2)留意の必要がある対象者の状態像に応じた清潔、福祉機器および福祉    
      用具の使用、安寧への介護技術を理解し、介護がよくできること      
  (3)対象者や家族に対して介護技術の指導や助言ができること    
       
       
       
  教科の細目 内           容 訓 練 時 間
  学科 実技
  応用介護演習のす (1)想定事例課題の設定 2  
  すめ方 (2)介護演習方法と計画の立て方    
    (3)介護演習の実施方法(ロールプレイニング方式)    
       ・介護技術の課題と方向性の検討    
    (4)介護演習の記録と評価の方法    
      ・グループ討議と発表     
         
  清潔の応用介護技 (1)障害の状態に応じた清潔への援助   5
  (2)清潔の自立に向けての援助と介護用品の工夫    
    (3)入浴困難者への対応技術(在宅入浴・清拭・部分浴)    
       ・入浴できない状態の者・寝たきりの者・肢体不自由    
         者等と家族指導    
    (4)洗髪困難者への対応技術    
       ・洗髪できない状態の者・寝たきりの者等と家族指導    
    (5)口腔の清潔保持が困難な者への対応技術    
       ・意識障害者・寝たきりの者・肢体不自由者等と家族    
        指導    
         
  福祉機器及び福祉 (1)最新の福祉機器及び福祉用具の種類と特徴 2 4
  用具の使用技術 (2)福祉機器及び福祉用具の使用方法    
    (3)障害のレベルに応じた福祉用具の選択と工夫    
      (介護実習普及センター等における体験実習)    
         
  日常的によく起こ (1)日常的によく起こる症状とその対応技術 2 3
  る症状と安寧の介  (発熱・脱水・便秘・下痢・食欲不振・腹痛等)    
  護技術 (2)安寧をはかるための介護技術    
      ・温罨法と冷罨法の技術    
      ・安眠への技術    
         
         
         
         
         
         
      6 12
  使用する機械
器具等
VTR、寝具と衣類一式、清潔用具一式、リネン類一式、洗髪用具一式、浴槽、入浴用具一
式、ベッド、椅子、モデル人形、氷枕、氷嚢、湯たんぽ
    備  考  
     ※自己評価欄にはA、B、Cを記入する。
ダウンロード