大学校及び設置科 職業能力開発総合大学校 小平キャンパス生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 ◆機械技術 機械設計 ◆電気・電子技術 ◆情報技術 ソフトウェア制作実習、図形処理実習
課題に取り組む推奨段階 ◆機械技術 機械製図、機械設計、力学、機械加工実習、CAD技術を習得し、応用課程での標準課題終了後 ◆電気・電子技術 ◆情報技術 ソフトウェア制作実習、図形処理実習でプログラミング技術を習得し、応用課程での標準課題終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

◆機械技術 システムの開発を通して、プラスチック金型設計の総合的な実践力を身に付ける ◆電気・電子技術 ◆情報技術 3Dグラフィックスプログラミングを通してオブジェクト指向プログラミング技術を身に付けると共に、ユーザニーズの具象化などシステム開発力を身に付ける

製作の目的と概要

 プラスチック製品の製造に用いられる射出成形金型においては、複雑なアンダーカット処理が多く用いられます。これらの金型技術解説書は少なく、金型設計技術を学習する環境が十分に整備されてません。そこで、本課題はアンダーカット機構の学習を目的とする三次元金型機構集としての役割を果たし、さらに、プラスチック金型設計に必要な多くのデータベースも含む総合的な技術支援を目的とした電子金型設計書(以下EMDという)の開発を試みました。
 このEMD開発の基本コンセプトを以下のように設定しました。
? 初心者から熟練者まで幅広く使用してもらえるアプリケーションとする
? 新規性があり、未だ市販されていないもの
? 特殊なソフトを用いず一般のOSで動作するもの

成果

 開発したEMDの概略を下図に示します。画面はメイン画面(目次および技術解説)、3Dアニメーション画面、構造設計計算画面、の三画面で構成されており、各画面間で連携して表示されます。
電子金型設計書(Electric injection Mold Design)の開発(H18)の画像1