大学校及び設置科 東海職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 ◆機械技術 機械設計、機械加工、自動化機器 ◆電気・電子技術 測定回路技術、アクチュエータドライブ回路、センシング回路技術 ◆情報技術 画像計測システム構築実習、インタフェース設計製作実習
課題に取り組む推奨段階 ◆機械技術 ◆電気・電子技術 モーター制御、センサ技術、計測技術などを習得した段階 ◆情報技術
課題によって養成する知識、技能・技術

◆機械技術 システムの開発を通して、設計、製作及び組立・調整等の総合的な実践力を身に付け ◆電気・電子技術 自動検査装置、計測制御 ◆情報技術 御プログラム、組込み技術

製作の目的と概要

 自動車のパワーウインドウスイッチの製品検査として、電気的特性、挟み込み反転機能とF-S特性といった項目が実施されています。この検査は、それぞれ別々の検査装置で行われ、準備作業等に時間を費やす状況です。そのため、時間短縮と省力化を図る検査装置の開発について、実際に製品を製造する企業からテーマとして受けました。

成果

 本検査装置は、対象物を固定してからの動作を自動化するために、つぎの機能を有します。まず、?スイッチノブを引っ掛けるための3軸方向への稼動および、スイッチ上下動操作のためのモータ制御機能。?スイッチ操作力をトルクセンサから取得し、結果をパソコンで保存・表示そして判定を行なう機能。?リレーを用いて測定内容ごと接続端子の切り替えをマイコン制御する機能がそれです。
 本課題開発を通じて、測定機としての検査データの信頼性、タクトタイム測定による作業の効率化を検証しました。
パワーウインドウスイッチの自動検査装置の開発(H18)の画像1
写真1。装置の外観
パワーウインドウスイッチの自動検査装置の開発(H18)の画像2
写真2。測定部の近影