大学校及び設置科 北海道職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 ◆機械技術 機械設計、自動化機器 ◆電気・電子技術 コンピュータシステム技術、センサ応用技術、アクチュエータ技術、デジタル回路設計 ◆情報技術 画像計測システム構築実習、インターフェース設計製作、生産データベース構築実習、生産管理システム構築実習
課題に取り組む推奨段階 ◆機械技術 ◆電気・電子技術 電子回路、モーター制御、センサ技術などを習得した段階 ◆情報技術
課題によって養成する知識、技能・技術

◆機械技術 自動機の開発を通して、設計、製作及び組立・調整等の総合的な実践力を身に付ける ◆電気・電子技術 電子回路設計技術、実装設計技術、制御システム設計技術 ◆情報技術 画像計測、制御プログラム、データベース、生産管理

製作の目的と概要

 近年、われわれの生活において地球環境に配慮することが求められています。そのひとつに循環型社会を実現するために必要な、3Rの促進があります。特に、資源の無駄が少ない「リユース」(再利用)が注目されています。
 本課題で再利用する対象を、「抵抗素子」としました。これは抵抗素子には、「販売個数に大きな変動がなく安定して需要が見込まれること(機能寿命が長い)、リユースする効果が非常に高いこと」という特徴があると考えられるためです。

成果

 本装置の各工程の動作を流れに沿って説明します。
 ?操作部で分別する抵抗値・操作モードを指定する。
 ?バケット上の抵抗が画像取得部に送られる。PCからの指示に従い抵抗を撮影する。
 ?取得した画像はPCに送られ、画像処理により抵抗素子のカラーコードから公称値を求める。
 ?抵抗が運搬アーム部まで搬送され、運搬アーム部先端のエアハンドによってつかまれる。
 ?運搬アームが旋回し、抵抗が延ばし部に搬送される。
 ?さらに運搬アームが計測部まで移動し抵抗値の自動計測を行なう。
 ?最後に分別部に旋回移動し、操作画面で指定した抵抗値ごとに分類する。

 また、本装置については、次野3つが評価できます。
 (1)装置全体の一連の動作である原点復帰、抵抗値・測定モード指定、抵抗の搬送、画像取得、リード線の延ばし、抵抗値の計測、分別を確認できたこと。
 (2)対象とする抵抗のE24系列を測定できる測定回路、画像取得および画像処理ができ、分別を可能としたこと。
 (3)延ばし工具へ抵抗を押し付ける方式により、コの字型に曲がっているリード線をほぼ直線状に伸ばす機能を持たせることができたこと。

 最後に、今後の改善項目を次のようにあげます。
 (1)測定の再現性にまだ問題があり、各部の動作の安定性を上げる必要があること。
 (2)装置の操作性の点を考えると抵抗挿入部の開発が必要であること。
抵抗再利用装置の開発(H18)の画像1
写真1.外観