大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校 附属千葉職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、設計・製図、測定、材料、溶接
課題に取り組む推奨段階 CAD実習および機械工作実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、主にアルミニウム材の溶接技術の実践力を身に付ける

製作の目的と概要

 ソーラーカーシャシーにはアルミの角パイプを使用しており、パイプ同士の溶接はTIG溶接を用いる。
 前年度のモデルは寸法、および形状において若干の狂いを生じており、アライメントに少なからず影響していた。
 今回は精度(寸法、形状)の高いシャシーを製作し、設計上のアライメントに近づけることで走行性能を向上させる。
 これらの一連のものづくりをつうじて溶接技能の向上を図る。

成果

 ソーラーカーシャシーを完成させることができ、レースにおいて走行性能の向上を図ることができた。
 また横転時、乗員の安全を確保するためロールバー製作や、ステアリングのラック&ピニオン部の安全カバーの製作をおこなった。
ソーラーカーシャシーの製作(H18)の画像1
写真1 シャシー設計
ソーラーカーシャシーの製作(H18)の画像2
写真2 完成したシャシー