大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校居住・建築システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 木質構造施工管理課題実習、施工実験、応用構造力学
課題に取り組む推奨段階 質構造施工管理技術習得後
課題によって養成する知識、技能・技術

木質構造、柱脚接合部、雇いほぞ、込み栓

製作の目的と概要

 本年度参加した「木造耐力壁ジャパンカップ」(以下ジャパンカップと略)では、引張側柱脚の強度が十分ではなく、土台が割れてしまい、予選敗退となりました。
 本研究では、柱脚部の引き抜き耐力の向上のため、上位チームの多くが採用した「雇いホゾ」の性能を明らかにするための実験を行ないました。
 実験においては、雇い材の寸法・形状及び込み栓の本数について条件を変え、耐力壁の層間変形量が400(mm)まで追従できる性能を有するか検討を行ないました。

成果

 本課題により、込み栓の本数は、柱・土台とも2本打ちがもっとも有効であることがわかりました。
 また、雇い材の寸法及び形状については、柱側の雇い長さを長くすることで、込み栓の端距離が大きくなり、引き抜き耐力が大きくなることもわかりました。
 この結果から、耐力壁が大変形を起こしても、雇いほぞ接合にすることで、引っ張り側柱脚部の破壊による耐力低下を防止することが可能であると考えます。
雇いホゾ込み栓接合の実験的研究(H18)の画像1
図1 雇いほぞを使った耐力壁
雇いホゾ込み栓接合の実験的研究(H18)の画像2
図2 込み栓本数の影響
雇いホゾ込み栓接合の実験的研究(H18)の画像3
図3 雇い材の長さと引張耐力との関係