大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 データベース技術、ネットワーク技術、プログラミング技法
課題に取り組む推奨段階 生産データベース、工場内ネットワーク?、ソフトウェア制作実習?終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、主にデータベース設計及びプログラムによる印刷制御・ネットワーク接続技術に関する実践力を身に付けることを目的としています。

製作の目的と概要

 本課題では、名刺・商品タグ等のカード型印刷物の印刷作業の効率化を目的としたシステム開発に取り組みました。本システムは、印刷レイアウト作成部と印刷データ管理部を分けてシステム化することにより、自由度の高いレイアウト作成機能と変動するデータに連動した印刷機能を備えた印刷システムとなっています。

成果

 開発した印刷システムは、図1の編集画面を使い印刷物のレイアウトを作成します。扱える形式は、テキスト・画像・バーコード(ITFNW-7)の3種類とし、それぞれデータベースからデータを取得することができます。データベースからデータを取得する場合は、図2に示すデータベース接続設定画面を利用し、予めデータベースを登録します。既に社員情報や顧客情報がデータベースシステムとして存在する場合には、既存のデータベースを利用し印刷物を作成することも可能となっています。図3に本システムによる印刷物作成例を示します。
データベースに連動したフリーレイアウト印刷システムの開発(H19)の画像1
図1 レイアウトの編集画面
データベースに連動したフリーレイアウト印刷システムの開発(H19)の画像2
図2 データベース接続設定画面
データベースに連動したフリーレイアウト印刷システムの開発(H19)の画像3
図3 印刷物作成例