大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械系(機械設計、機械加工、自動化技術、安全衛生)、電気・電子系(コンピュータシステム技術、センサ応用回路技術、アクチュエータ技術、電子回路技術、プログラミングディバイス技術、安全衛生)
課題に取り組む推奨段階 機械系(機械設計、機械加工、自動化技術、生産管理などを習得した段階)、電気・電子系(電子回路技術、メカトロニクス技術、プログラミングディバイス技術などを習得した段階)
課題によって養成する知識、技能・技術

機械系(機械設計、製作及び組立・調整等の総合的な実践力、生産工程の自動化がもたらす効果の理解)、電気・電子系(電子回路設計技術、プログラミング技術、メカトロニクス技術等の総合的な実践力)

製作の目的と概要

 多品種少量生産を行っている中小企業では、生産効率を高めるための自動機を導入することはコストが掛かる一方、十分な効果が得られないことから、その設備投資に踏み込めないでおります。本テーマは当校の近隣企業から依頼されたもので、タップケースにラベルを貼る自動機を開発するものです。

成果

 開発した装置の外観を図1に示します。この装置の動作として、ロール状のラベルを台紙から剥がし、チャックによって所定の位置へ移動し、粘着面側からタップケースを押出すことによって、タップケースにラベルを貼付けます。
 装置のシステム構成を図2に示します。制御部には、プログラマブルLSIであるFPGAを使用し、両面基板で制御基板を作製しました(図3)。入力部には、ラベルの有無、タップケースの有無などを検出するためのセンサ、動作モード切替えスイッチ、スタート/ストップスイッチ、非常停止スイッチなどを設けました。また、出力部には表示用7セグメントLED、ラベル引出し用DCモータ、チャック移動用ACモータなどを使用しました。
 この装置により、従来の手作業よりも効率良くラベル貼り作業を行えるようになりました。
タップケース用ラベル貼り装置の開発(H19)の画像1
図1 装置の外観
タップケース用ラベル貼り装置の開発(H19)の画像2
図2 システム構成
タップケース用ラベル貼り装置の開発(H19)の画像3
図3 制御基板