大学校及び設置科 沖縄職業能力開発大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工、マイコン制御、センサ工学、メカニズム、設計・製図
課題に取り組む推奨段階 マイコン制御実習及び機械加工実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、主にマイコン制御及び機械加工技術の実践力を身に付ける。

製作の目的と概要

 本課題では、ルービックキューブを6面完成することができるロボットを設計・製作することをテーマとしました。また、設計・製作においては、以下の点を目標としました。
・SW1つでキューブの解答を行う。
・2本のアームでキューブの移動・回転・固定を行う。

成果

 今回、以下の機能を追加し目標を満たしたロボットを製作することができました。
・本体にLCDを取り付け、動作の進行状況、エラーの詳細を表示させる。
・パソコンとマイコンの通信プログラムを作成し、パソコンにてマスの動きを確認できる。
・パソコンとマイコン間の通信を無線化する。
 ロボットの外観を図1、システム構成図を図2、動作フローチャートを図3に示します。図1に示すロボットの外観が、図2に示すシステム構成のロボット本体部になります。パソコンとマイコン間の通信プログラムは、追加した機能ですから、パソコンを使用しなくても図1に示すロボット上部のスイッチによりキューブの回答を行うことができます。
ルービックキューブ解答ロボットの設計・製作(H19)の画像1
図1 ロボットの外観
ルービックキューブ解答ロボットの設計・製作(H19)の画像2
図2 システム構成
ルービックキューブ解答ロボットの設計・製作(H19)の画像3
図3 動作フローチャート