大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校 附属千葉職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、設計・製図、測定、機械加工、材料
課題に取り組む推奨段階 未入力CAD実習およびCAD/CAM実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、主に3次元CAD/CAM技術および金型設計の実践力を身に付ける

製作の目的と概要

 射出成形は、金型(キャビテイ、コア)を作成し(3次元CAD)、そこの隙間に熱して溶かしたプラスチックを流し込み冷却し、かためて、取り出すことです。
 射出成形はいろいろな制約(例、最大のプラスチックの流し込み量)などがあるため、成形できる形は限られていますが、基本的な射出法、金型の構造は実際の企業などで作られている金型とはおおまかには同じです。

成果

 プラスチック成形品の構造や寸法など、成形品の設計は、金型の構造などを決める基本となるものですからできるだけ無理のない設計にして、成形しやすい構造のものとするとともに、金型の製作加工も容易にすることが大切です。
 そこで金型の構造や、切削工程の確認のため、モーロドベースのサイズから、キャビティとコアのサイズを決定しました。射出量も満たす成形品を設計し、CAD でキャビティ(メス)、コア(オス)、を設計し、材料を加工し、CAM に落とし、マシニングセンタで加工し射出機に取り付けて、射出し製品を作りあげます。キャビティを加工し、それにスプール穴を加工して、固定側に取り付け板をつけます。次にコア部に加工し、可動側固定板をボルトで止め、エジェクターピンの穴を加工し、エジェクターピンを入れて、ボルトで締め固定します。
射出成型によるスプーン製作(H18)の画像1
図1 コアのモデリング
射出成型によるスプーン製作(H18)の画像2
図2 切断前のエジェクターピン
射出成型によるスプーン製作(H18)の画像3
図3 加工したコア部品