大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校 附属千葉職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工、測定、材料、力学、設計・製図
課題に取り組む推奨段階 機械加工実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、主に金型設計およびマシニングセンタによる加工技術の実践力を身に付ける

製作の目的と概要

 順送金型の製作に取り組んでいます。過去に製作した金型を修理・調整して構造や動作を理解し、順送金型についての知識を習得します。
 順送金型とは1枚の板状の材料をつなげた状態で加工を行うものでひとつの金型で打ち抜き、穴あけ、曲げ、絞りなど様々な加工をひとつの金型で行えます。生産性が高く、大量生産する小物部品の加工にも向いている反面、作成に非常に時間が掛かる上、形が似ていても1 箇所でも違えば新しく金型を作り直さなければなりません。まず実際に金型を動かし、問題点の確認とその対処法を検討します。

成果

 今回は前回作成していたもの物とは違うため、新たに加わった機能の違いを比較、理解しそれらの加工も進めていきます。図面をCAD により作成していきます。その後図面を元にマシニングセンタ、ワイヤカットの加工データを作成していきます。
(抜き加工方法の違い)
 前回 製品部形状(ブランク)を打ち抜いて行き、最後に桟が残るブランキングタイプ今回 外形部分を打ち抜いていき、最後に製品が残るアウトカットタイプダイセットに取り付けて各加工部分の不具合がないか確かめ、その後焼入れに入ります。ただしそのまま生材で焼入れすると表面が酸化して刃部が欠けたり、精度が落ちるため、酸化防止剤を塗布してから焼入れします。
順送金型製作(H18)の画像1
図1 ブランキングタイプ
順送金型製作(H18)の画像2
図2 アウトカットタイプ
順送金型製作(H18)の画像3
図3 製品の比較