大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校 附属青森職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、設計・製図、測定、機械加工、材料
課題に取り組む推奨段階 数値制御加工実習、CAD/CAM実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、主にNC加工技術およびCADデータ変換技術の実践力を身に付ける

製作の目的と概要

 各種機械の動力として流体を送出するポンプには多様なものがあります。多くのポンプで、基本構造上は流体動力⇔回転運動の相互変換が可能です。ポンプと逆の機能を果たすものとしてはエンジンがあります。
 そこでロータリーエンジン(ぺリトロコイド曲線)の構造に着目し、これをポンプにも利用できないかと考えました。

成果

 ペリトロコイド曲線は数式によって導き出されるものであり、数式から現実の製品へと形状を具現化する手法を学習しました。 
 ここでは、机上の数式から加工のための点群を求め、点群データからCAD/CAMシステム上に形状を作製し、マシニングセンタ上でDNC加工を行ないました。
ロータリー形状を用いたポンプの制作(H18)の画像1
図1.形状の式より、点群データ化
ロータリー形状を用いたポンプの制作(H18)の画像2
図2.形状検証(発泡スチロール模型)
ロータリー形状を用いたポンプの制作(H18)の画像3
図4.制作物