大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 生産機械システム技術科(機械設計、機械加工、組立、自動化の技術)、生産電子システム技術科(電子回路、制御、情報通信の技術)、生産情報システム技術科(生産管理、ネットワーク、データベース、画像処理の技術)
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年次
課題によって養成する知識、技能・技術

生産機械システム技術科(自動化システム設計、精密加工等の技術)、生産電子システム技術科(センサ、アクチュエータ、PLC制御等の技術)、生産情報システム技術科(生産管理システム構築、ネットワークシステム構築等の技術)

製作の目的と概要

 本システムは多品種少量生産、製品在庫ゼロ、短納期をテーマに、実際の製造現場に技術導入可能な実務・実践的な組立生産システムの構築を目指し、受注・生産管理システム、組立ライン、制御システム、製品検査システムの開発と自動組立、生産管理・運用を行いました。
 なお、組立てる製品は軽量で小さな部品からなる赤外線通信走行玩具(以下、走行玩具という)です。

成果

 開発したシステムを図1、システム構成を図2に示します。
?受注・生産管理システム
 生産する走行玩具(図3参照)は10車種あります。生産管理PCはWebの受注画面から顧客が指定する車種、数量、通信バンド種別および納入期日を基に日別の生産計画を立案し、“どの製品”を“いつまでに”、“どれだけ”、“出荷順に”生産するかを立案し、組立ラインに指示します。また、顧客情報や部品の在庫・発注管理に加え、生産状況なども一元管理します。
?組立ラインと制御システム
 組立ラインはシャーシ、モータ、ギア、車輪に加え10種類の製品を全8工程で組立、検査を行います。作業は8分割割出しロータリーテーブル方式を採用し、テーブルが1周するごとに製品1個を生産します。
 制御システムの構成は、生産管理PCと生産情報を通信する制御PCを上位に、下位に4台のPLCおよび生産状況のモニタリングや各機器の操作を行うためPLC1台ごとにタッチパネルを1台用いています。
?検査システム
 検査には画像処理による受注製品の照合検査と検査用PCが赤外線通信でリモコン操作し、完成品を車種別の格納庫に誘導する走行検査があります。
赤外線通信走行玩具の自動組立生産システムの開発(H19)の画像1
図1 開発システム全景
赤外線通信走行玩具の自動組立生産システムの開発(H19)の画像2
図2 システム構成
赤外線通信走行玩具の自動組立生産システムの開発(H19)の画像3
図3 組立製品