大学校及び設置科 北海道職業能力開発大学校建築科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、鉄筋コンクリート施工、測定、材料、力学、設計・製図
課題に取り組む推奨段階 建築設計実習、建築構造設計及び建築施工実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して主に鉄筋コンクリート設計及び鉄筋コンクリート施工技術の実践力を身に付ける。

製作の目的と概要

 アンボンド・プレキャストコンクリート(以下:PCaPC)柱・梁圧着接合構造は、構造的な被害を柱・梁コンクリート圧着接合部に集中させることにより、軽微な段階に止めておくことが可能ですが、稀に起こる大地震のときの力を受ける柱・梁コンクリート接合部の圧潰による損傷の補修が容易ではなく、解体後に再利用することは難しいです。
 本研究では施工の合理化や品質の向上が可能なプレキャスト(PCa)の柱と梁をPC 鋼棒の緊張力によって、圧着接合するPCaPC 工法に着目しました。さらに柱と梁にはスティールバンドを設け、通常のRC 構造とひび割れの生じ方を比較検討しより合理的なPCaPC 柱・梁の接合部の開発を行います。それにより地震後の損傷を無くし補修を要しない程度に健全性を保持できるようにし、リユースが可能な構造を目的としています。

成果

 試験体の種類は、建物側面部の柱と梁を想定して、柱1つと梁2つで構成されるト型の形状と建物中央部の柱と梁を想定し、柱1つと梁2つで構成される十字型の形状の試験体の2 種類を企画しました。
 サイクルごとに荷重を増やし実験した結果を図1に示しますが、梁の傾きを示した部材角は徐々に増加しています。さらに、サイクルを増すごとに剛性が低下することにより帯が増えたようなグラフになります。実験後の写真2では、梁コンクリートに破壊はなく、接合部のモルタルのみが破壊されていることが分かりました。
PCaPC 柱・梁圧着構造の開発(H19)の画像1
写真1 実験の様子
PCaPC 柱・梁圧着構造の開発(H19)の画像2
写真2 破壊状況
PCaPC 柱・梁圧着構造の開発(H19)の画像3
図1 荷重−部材角関係