大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校建築科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 構造力学?・?、建築材料実験、構造実験、鋼構造の設計、施工、安全衛生
課題に取り組む推奨段階 構造力学?・?、建築材料実験終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、鋼構造の設計、耐震診断等の知識・実践力を身につけます。

製作の目的と概要

多層多スパンの鋼構造骨組では、柱部材を角形鋼管とし梁部材をH形断面とする場合、通しダイアフラムを用いて溶接接合することが一般的に用いられています(近年、柱・梁接合部について高力ボルトを用いたファスナ接合する形式が提案されています)。高力ボルトを用いた接合部の中でも等辺山形鋼を用いた接合部は一般の溶接接合された接合部と比べて剛性・耐力が小さいことが指摘されています。
そこで本研究では、等辺山形鋼を用いた接合部について、鋼板を用いて補強した新しい接合形式を提案し、その接合部の耐力を明らかにするための実験を行うことを目的としました。等辺山形鋼を用い高力ボルト接合された柱・梁接合部について、無補強の接合部と鋼板で補強された接合部の2種類の試験体について単純引張試験を行い、両者を比較します。さらに実験結果を基に試設計を行い、新しい接合形式が構造耐力上適しているかを検討することを目的としています。

成果

多層多スパンの鋼構造骨組では、柱部材を角形鋼管とし梁部材をH形断面とする場合、通しダイアフラムを用いて溶接接合することが一般的に用いられています。本研究では、等辺山形鋼を用いた接合部について鋼板を用いて補強した新しい接合形式を提案し、その接合部の耐力を明らかにするため、等辺山形鋼を用い高力ボルト接合された柱・梁接合部について無補強の接合部と鋼板で補強された接合部の2種類の試験体について単純引張試験を行い、両者を比較する実験を行いました。柱管壁の面外変形耐力の算定方法については、既往の文献報告に示されている方法の適応について考察を行いました。その結果、既往の文献報告に示されている算定式から得られた値と実験結果を比較すると、算定式から得られた値は実験結果を若干下回っていることが確認されました。これは、既往の文献報告に示されている算定式が安全側の評価を与えていることによるものと考えられます。
等辺山形鋼を用いた角形鋼管柱・H形断面梁接合部の開発(H20)の画像1
図1 ダイアフラムを用いた溶接接合部
等辺山形鋼を用いた角形鋼管柱・H形断面梁接合部の開発(H20)の画像2
図2 等辺山形鋼を用いた高力ボルト接合部