大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械技術:機械設計技術、機械加工技術、NC工作機械技術 電気電子技術:マイコン利用技術、PLC利用技術、プリント基板設計技術、配線技術、アクチュエーター利用技術 情報技術:インタフェース設計制作技術、リアルタイムシステム構築技術
課題に取り組む推奨段階 生産機械:精密機器製作課題実習、自動化機器製作課題実習終了後 生産電子:電子回路装置設計製作課題実習、マイコン制御装置設計製作課題実習終了後 生産情報:生産ネットワークシステム構築課題実習、生産データベースシステム構築課題実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

「ものづくり」の全工程の生産管理を主体的に行う複合化した技術、技能及びその活用能力(応用力、創造的能力、問題解決能力、管理的能力)の実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

当施設では、学校内外のイベント等で動作させ、地域に技術力がアピールでき、かつ子供達にものづくりを通して楽しんでもらえる装置があまりありませんでした。そこで、「選ぶ、見る、触る、遊ぶ」をコンセプトとした、関東能開大をPRできる装置を開発するために調査、検討しました。その結果、紙飛行機の製作とウッドバーニング(マーキング)の両方ができる装置としてレーザー彫刻機の開発を行いました。図1に装置の外観を示します。

成果

表1にレーザー彫刻機の仕様を示します。装置はイベントで使用することを前提にしているので、安全には十分配慮しており、安全が確認されなければ加工ができないようになっています。紙飛行機は4パターンから選択することができ、ウッドバーニングについては、絵、文字、写真をマーキングすることができます。図2に紙飛行機の部品とウッドバーニングの加工写真を示します。
イベント用PR装置の開発〜レーザー彫刻機の製作〜(H20)の画像1
図1 レーザー彫刻機
イベント用PR装置の開発〜レーザー彫刻機の製作〜(H20)の画像2
イベント用PR装置の開発〜レーザー彫刻機の製作〜(H20)の画像3
表1 装置仕様