大学校及び設置科 四国職業能力開発大学校 附属高知職業能力開発短期大学校情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 制御技術、データベース技術、ネットワーク技術
課題に取り組む推奨段階 プログラミング技法の基本、データベースの基礎、ネットワークの基礎の習得後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、制御技術、データベース技術、ネットワーク技術の活用・応用方法を身に付けます。

製作の目的と概要

現在サポートセンターやコースセンターなど、顧客に電話で応対する業務が多く存在します。このとき顧客から様々な内容の電話を受けると、以前の内容等が瞬時に思い出せず、どのような対応をすべきかわからなくなり、迅速に対応することが困難になる場合があります。顧客へのスムーズな対応は、会社のイメージを形成する重要な要素の一つであると言われています。そこでCTIを利用した顧客管理システムを構築することにより、顧客の電話に対してスムーズで、かつ効率よく対応することを目的としました。
図1にCTIを利用した顧客管理システムの構成図を示します。

成果

CTIを利用した顧客管理システムを導入することで、電話着信時にPCの画面上に顧客の情報を表示させることができ、顧客へのスムーズな対応が可能となりました。またデータベースによる顧客情報の一元管理により、顧客情報の不整合なデータをなくすことができ、さらに社員間での意思疎通が可能となりました。
図2にCTIクライアント/サーバーの構成図を示します。
CTIを利用した顧客管理システムの開発(H20)の画像1
図1 システム構成図
CTIを利用した顧客管理システムの開発(H20)の画像2
図2 CTIクライアント/サーバー構成図