大学校及び設置科 沖縄職業能力開発大学校情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 オブジェクト指向システム開発手法、UML、サーバーサイドJavaプログラミング、ユーザーコミュニケーション技法など
課題に取り組む推奨段階 オブジェクト指向システム開発手法やサーバーサイドJavaプログラミングの基礎技術を習得後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、オブジェクト指向システム開発手法、UML、サーバーサイドJavaプログラミング、ユーザーコミュニケーションなどの実践的なシステム開発技法を身に付けます。

製作の目的と概要

本総合制作実習では、地域貢献の一環として、沖縄県宜野座村立博物館の利用者検索システムを開発しました。この開発を通して、現場のシステムエンジニア(SE)が日々行っている作業(要求定義・設計・実装・テスト)を総合制作実習の中で体験し、システム開発の実践的な技術・技法を習得します。また、実際にこのシステムを利用する博物館スタッフの方々とのコミュニケーションを重視し、レビューや議事録作成、プロジェクト内での進捗状況、報告・連絡・相談を徹底して行い、ユーザーであるスタッフの方々が満足するシステムを目指して開発を進めました。

■宜野座村立博物館利用者検索システムに対してのスタッフからの要望事項
(1)博物館資料を見るための入り口となるシステムにしてほしい。
(2)パソコンから昔の道具類の概況を知るシステムにしてほしい。
(3)小学校高学年の児童が調べ学習の手助けとなるシステムにしてほしい。
(4)教材を作成するので学術性を失わない内容にしてほしい。

成果

博物館スタッフの要望事項に基づいて以下の2つの機能を開発しました。以下に概要を紹介します。
(1)文化財マップ検索機能
宜野座村内の史跡・文化財を地図上から閲覧できるシステムです。
(2)収蔵品検索機能
博物館に保存されている収蔵品を検索できるシステムです。宜野座村立漢那小学校において、先生方、児童の皆さんにシステムを使用してもらいました。以下に、児童の皆さんの感想を一部紹介します。また、そのときの様子が琉球新報社朝刊に掲載されました。
○文化財マップ検索機能
「もどる」ボタンに村鳥や村魚を使用しているなど、宜野座の自然を取り入れている所がよかった。また、カテゴリーの各ボタンにそれぞれの簡単な説明書きがされており、細かい配慮がされていた。
○収蔵品検索機能
明るい色やイラストを多く使用していて親しみやすく、ボタンでの作業もわかりやすかった。ただ、カテゴリーからの検索は収蔵品のカテゴリーをあらかじめ知っていないと検索が難しいという点がある。