大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械加工、測定、設計・製図、溶接、安全衛生
課題に取り組む推奨段階 機械設計製図、CAD実習、機械加工実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題制作を通して、計画、部品調達、加工、組立、調整、改良を実践し、主に溶接技術、機械加工技術の実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

ソーラーカーは、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換し、蓄電池に蓄えモーターにより駆動エネルギーに変換して走行する車であり、大気汚染など環境への影響が極めて少ないクリーンな車です。現在の太陽電池から得られる電気エネルギーは限られているため、走行抵抗をできるだけ減らす必要があります。
三重県の鈴鹿サーキットで開催されるソーラーカーレース鈴鹿への参戦を目指しました。レースは耐久レースで、時間内で一周5.8kmのコースを何回周れるかで競います。クラス別に4時間耐久と8時間耐久レースがあります。出場を目指したのは4時間耐久のクラスです。レース規則があり、それに合致したソーラーカーを製作しなくてはなりません。今回の総合制作実習ではシャーシ部分の製作を行うものです。製作を通じて学生の技術向上を図るとともに、メンバーで協同して作業をすすめる上で必要なコミュニケーション能力の向上を図りました。

成果

以下の流れで作業を進め、ソーラーカーシャーシを完成させました。
? 製作する車両の基礎となるレース規定と仕様の理解
? メンバー全員でソーラーカーシャーシ製作に必要な技術の習得
? 作業スケジュールの作成(進捗状況の見える化)
? 各担当者毎の部品の製作(図1)
? 部品の組立てと調整(図2)
完成後、走行試験を行い、問題なく走行できることを確認しました(図3)。
ソーラーカーシャーシの製作(H20)の画像1
図1 部品製作
ソーラーカーシャーシの製作(H20)の画像2
図2 部品の組み立て調整
ソーラーカーシャーシの製作(H20)の画像3
図3 完成したソーラーカーシャーシ