大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械・制御技術:機械設計・製図、機械加工法、計測制御、自動化技術、空気圧技術、シーケンス制御 情報技術:データベースシステム構築、インターフェース設計、VBプログラミング、生産管理
課題に取り組む推奨段階 機械・制御技術:機械設計、自動化技術および各種機械加工技術の習得が終了後 情報技術:データベースシステム構築、プログラミング技術などの習得が終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

機械・制御技術:機械設計、自動化設計、機械加工、制御プログラミング、生産管理、人間工学等 情報技術:データベースプログラム、生産管理、人間工学等の実践力を それぞれ身に付けます。

製作の目的と概要

当大学校の所管地域の電子情報機器製造企業では、製品の組立工程において電子回路基板をねじ締結で組み付ける作業を人手により行っています。このため、ねじ締め忘れ、締め付けトルク不良、ねじ浮き、斜め締めおよび作業間違いなどの作業ミスを防止し、ねじ締め品質を向上することが課題となっています。
本課題では、ねじ締め工程の自動化を図ることで、ねじ締め品質と作業効率を向上させることを目的として、図1のようなねじ締め装置の開発を行いました。

成果

対象の組立工程では、数種類のねじを用いて複数の基板を、順次積層状に組み付ける必要があり、また中間の基板についてはコネクターを嵌合する作業があります。このため、完全に自動化することは技術的に困難です。今回は手始めとして一種類のねじを用いて複数の基板を組み付けられるねじ締め装置の開発を課題としました。このことにより数種類のねじに対応できる装置開発への見通しと、手動と自動化が複合した工程へ対応するための技術的な課題を明らかにすることができました。
また今回の装置では履歴管理機能(図2)を持たせることで、生産性の向上とあわせて、保全性の向上を目指したものとなっています。
マルチねじ締めライン装置の開発(H20)の画像1
図1 ねじ締め装置
マルチねじ締めライン装置の開発(H20)の画像2
図2 システム構成