大学校及び設置科 四国職業能力開発大学校 附属高知職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工、測定、材料力学、機械設計製図、機械工作実習、CAD/CAM実習、機械加工実習
課題に取り組む推奨段階 機械設計製図、機械工作実習及びCAD/CAM実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、成形機の強度計算、CAD/CAMの操作方法、成形品の製作方法を身に付けます。

製作の目的と概要

現在、私たちの身の回りでは、携帯電話、パソコンなど非常に多くの樹脂製品で溢れています。樹脂製品の多くは、射出成形機により金型に樹脂を流し込んで製作する工程になっています。
今回の総合制作実習では、ある樹脂製品をモデルにCADでモデリングを行い、射出成形金型を製作しました。また、簡易的な射出成形機を製作して、射出成形品を製作することにしました。
射出成形品の仕様を表1のように決定し、モデルを図1の形状としました。これにより簡易射出成形機の仕様を表2のようにしました。

成果

成果の一つとして、総合制作実習に取り組んだ学生の感想を記載します。
卒業制作実習を通じて一つの装置を1から作ることの難しさを感じました。強度計算や寸法などを考えて設計しましたが、実際に組み立てるといろいろ不具合が起こり、自分たちが思った通りにできることはあまりありませんでした。
しかし、実験を重ねて改善を行い、成形品ができたことは嬉しかったです。
今回の製作は、1から装置を作ることで加工技術の向上や設計の難しさ、ものづくりの楽しさを感じることができる充実したものでした。
簡易射出成形機および成形品の製作(H20)の画像1
図1 成形品形状
簡易射出成形機および成形品の製作(H20)の画像2
表1 射出成形品の仕様
簡易射出成形機および成形品の製作(H20)の画像3
表2 簡易射出成形品の仕様