大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校 附属川内職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工、測定、材料、CAD/CAM
課題に取り組む推奨段階 機械加工実習、CAD/CAM実習 終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、主に3次元CAD/CAM技術の実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

プラスチック成形品は、私たちの身の回りで必ず目にすることができます。例えば100円ライター、携帯電話などのような日常品及び工業製品など様々な物があります。これらの製品は、ほとんどが金型を利用して成形されています。現在の金型技術は、より高精度、微細化、リードタイムの短縮が求められています。今回の総合制作では、日本のものづくり産業を代表する金型技術を通して「ものづくり(金型製作)」を行ったのでその内容を報告します。

成果

今回の総合制作では、私たちが毎日使う電話の子機を課題にすることを考え、電話の子機を成形品とする金型の製作をすることにしました。キャビテイ、コアのみを製作し、CAD/CAMによる3次元加工に重点を置きました。下図に加工物の写真を示(写真1)します。
射出成形金型の製作(H20)の画像1
写真1 CAD/CAMによる加工物