大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工、測定、材料、力学、設計・製図、制御、電気
課題に取り組む推奨段階 シーケンス制御実習、機械設計製図および機械加工実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、機械設計製図、機械加工、プログラミング、制御回路設計の実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

本課題では、東北ポリテックビジョンで行われているロボット競技会に参加する自立型ロボットを製作しました。この競技は、対戦する自立型ロボットがそれぞれのフィールド上で、横置きにされたCDと同じ大きさの円盤を指定された場所へ縦置きに格納させます。格納場所にはビンゴゲームの番号が割り当てられており、相手より早くビンゴの列を完成させると勝ちとなります。

成果

今回製作したロボットの外観を図1に示します。
ロボットは移動量を減らすためにCDを格納し、それをレールで転がして、目的の場所に入れるようにしました。競技会のルールでは大きさの制約があるため、その大きさに入る工夫をしました。
本作品は、図2に示すようにロボットの駆動にはステッピングモーター、CDを取り込む機構の駆動にはRCサーボモーター、レールを下ろす機構の駆動にはDCモーターを使用しました。それらをPLCで制御します。
自立型競技用ロボットの製作(H20)の画像1
自立型競技用ロボットの製作(H20)の画像2