大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械における設計(CAD)・加工(レーザーカット)・組立調整、電子回路、センサー、プログラミング、安全衛生
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年前期終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、組込み技術の実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

近年、自動炊飯器のように、マイコンを機器に組込んで機器に自動制御を行わせる組込み技術が急速に広がっており、今後の製品開発には必要不可欠です。組込み技術は周辺技術がそれぞれに関連し合いシステムを構成します(図1)。学生が図1に示す授業・実習で学んだ各分野の知識や技術をシステムとして結びつける組込み技術により、製作しながら理解できる内容として「機械・構造」、「電子回路」、「ソフトウェア」などが盛り込まれたロボット製作をテーマとしました。

成果

完成図を図2に示します。「機械・構造」ではCADで機械部品の外形を描きレーザー加工機でカットしました。「電子回路」では傾きを検知するジャイロセンサと周辺回路、サーボとマイコンの接続を行いました。「ソフトウェア」ではC言語でプログラミングを行うなど授業・実習で学んだ各分野の知識や技術をシステムとして結びつけることが出来ました。
また、実際に製作を行うことで知識や技術を実践できました。学生自らが全てを製作することで能動的となり指導員から学生への効率的な技術の伝達が行えました。
二足歩行ロボットの製作(H20)の画像1