大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校 附属秋田職業能力開発短期大学校電子技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 コンピュータ工学、ディジタル電子回路、コンピュータ言語の知識
課題に取り組む推奨段階 コンピュータ工学実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、プログラム技術、通信プログラム技術の実践力を身につけます。

製作の目的と概要

今日、製造現場では、FAシステムの一部としてProgrammable Logic Controller(以下「PLC」という)とそのネットワークが利用されています。小規模なネットワークなら総合制作実習課題として取り組むことができます。
本年度の実習課題では、PLCとパソコンをRS-232Cインターフェイスで接続してネットワークを構築し、パソコン側からPLCを制御するアプリケーションを作成することにしました。

成果

パソコン側からPLCを制御するアプリケーションを作成しました。開発言語にはMicrosoft(R)VisualBasic(R)2008ExpressEditionを使用しています。PLCを制御するには、高価な開発ソフトが必要です。今回作成したアプリケーションを利用すれば、開発ソフトを使わなくても以下のような制御が可能になります。

 ・通信テスト
 ・入出力リレーの読み書き
 ・動作モードの確認
 ・動作モードの設定
 ・パソコン側のプログラムによるPLC自動運転
PLC通信プログラムの作成(H20)の画像1
図1 PLCと負荷装置
PLC通信プログラムの作成(H20)の画像2
図2 作成したアプリケーション