大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械工学、CAD実習、コンピューター制御実習、メカトロニクス実習
課題に取り組む推奨段階 機械加工実習、マイコン制御実習、計測制御プログラミング実習及びメカトロニクス実習を終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題の製作を通して、主にアナログ入出力ボードを使用した計測制御及びメカトロニクス設計に関する実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

 本課題は、自動車用ドアロックストライカー(製品)を製造している業者から良品と不良品を判別する装置の製作依頼により検討を始めました。
 この課題は、パソコン計測制御、マイコン制御、FFT解析及び機械加工などの内容が含まれており、専門課程の総合制作に適しているのではないかと思われました。そこで、このテーマについて学生達と話し合いの上、決定しました。
 今回は、製品の良品と不良品を判別する良否判定装置の製作と自動化に向けた試みとして、自動判定装置の製作を行いました。良否判定装置の判別率は、ほぼ100パーセントにすることを目標としました。

成果

 良否判定装置は、ハンマーの一定位置からの自由落下を利用して一定の力でドアロックストライカーの溶着部を叩く仕組みです。この溶着部分を叩いた音(打音)をマイクから入力し、AD変換してメモリに取り込みます。次に、メモリデータをFFT変換しパワースペクトラムの周波数で製品の良品と不良品を判別します。
 判定の依頼を受けた製品は、A製品とB製品の2種類あり、良品と不良品の判定にはこの判定装置を使用しました。A製品については、ほぼ100パーセントの良否判別ができ、目標を達成することができました。しかし、B製品については、解析不足により判別率の目標に及ばず今後の課題としました。
 自動判定装置は、ベルトコンベアと良否判定装置の打音部の機構を組み合わせて製作しました。今回は、自動化に向けた1つの提案が目的のため、マイコン制御によるベルトコンベアの動作確認まで行いました。
音解析による良否判定装置の製作(H20)の画像1
音解析による良否判定装置の製作(H20)の画像2