大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校 附属新潟職業能力開発短期大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械製図、機械加工、NC加工、力学、シーケンス制御
課題に取り組む推奨段階 機械設計製図終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題の設計製作を通じて、主に機械設計製図、機械加工の知識と技術を習得します。

製作の目的と概要

 機械設計製図、機械加工、メカトロニクスの知識を総合的に活用し、機械設計・製作の流れを一通り体験することを目的に、水平面内で動作する一軸送りテーブルの設計製作を行いました(図1)。製作過程においては仕様の検討、ポンチ絵作成から行い、要素選定、3Dモデリング、製作図作成、加工、組立、配線の順に進め、最後には簡単ではありますが性能評価まで行いました。

成果

 一軸送りテーブルにはモーター、ボールねじなどの機械要素選定、CADモデリング技術、機械製図、汎用工作機械やNC工作機械を使用した機械加工技術、電気配線技術など制御技術科で学んだ多くの専門技術要素を製作に生かすことができました。また設計仕様や基本構成を検討する作業など、機械設計の授業では体験しにくい内容が設計作業では重要であることが理解できたようです。合わせて最後に性能評価を行ったことで、設計精度の確認が行えました。
 作業量としては学生一人で取り組みましたが、期限内に完成させることが出来、学生の達成感も得られるものでした。
 製作したテーブルは当校既設のメカトロニクス実習装置と同一のインターフェース、同様の大きさと動作速度で製作されており、シーケンス制御実習などの負荷装置の一部としても使用できます(図2)。
一軸送りテーブルの設計製作(H20)の画像1
図1 製作したテーブル
一軸送りテーブルの設計製作(H20)の画像2
図2 PLCに接続した状態