大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電気・電子:アナログ電子回路、ディジタル電子回路、センサー回路、ディジタル通信、プログラミング、安全衛生 情報:ネットワークシステム、インターフェイス設計、生産管理システム構築、プログラミング、安全衛生
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年次
課題によって養成する知識、技能・技術

電気・電子:アナログ電子回路、ディジタル電子回路、センサー回路、ディジタル通信、プログラミング 情報:ネットワークシステム、インターフェイス設計、生産管理システム構築、プログラミング などを身に付けます。

製作の目的と概要

 老人福祉施設において入居する高齢者の人数が増加傾向にあります。そのため、老人福祉施設内で高齢者をお世話するヘルパーの人数が不足する問題が生じています。このような状況では、高齢者の体調異変時や転倒等の対応の遅れが懸念されています。この問題を解決するために、多くの高齢者の体調等を把握できるシステムの構築を検討しています。本課題では、老人福祉施設に入居している高齢者の体調を管理把握し、ヘルパーにその情報を送信できるシステムを開発しました。

成果

 老人福祉施設に入居している高齢者の体調を管理解析できるシステム開発を行いました。その結果は以下にまとめられます。

 (1)高齢者用端末で脈拍検知、動作検知ができました。また、管理解析装置からヘルパー用端末へ警報が送信できました。
 (2)管理解析装置で受信した各種データを管理解析する事ができました。
 (3)管理解析装置へ各種データを無線で送信することができました。
高齢者見守りシステムの開発(H20)の画像1
図1 高齢者用端末(左)およびヘルパー用端末(右)の外観
高齢者見守りシステムの開発(H20)の画像2
図2 管理解析装置の外観