大学校及び設置科 四国職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械製図、加工技術、アクチェーター技術、センサー技術、プログラミングを中心に各科において専門課程から応用課程1年次まで習得した全ての知識・技能・技術
課題に取り組む推奨段階 応用課程1年次修了後
課題によって養成する知識、技能・技術

機械設計技術、計測制御技術、CAD/CAM応用技術、各種加工技術、制御システム設計製作技術、FA制御、モーター制御、マンマシンインターフェイスなどを習得します。

製作の目的と概要

 ドアやパーティションなどに使用する化粧鋼板の表面に保護シートが張られていますが、曲げ加工して組み立てる際にその保護シートが邪魔になり困っているのが現状です。現在、この作業を全て手作業で行っています。そこで、試供ワークにおいて、保護シートをカットし剥離するという一連の作業を自動で行うことができる装置の設計・製作を行うことをテーマとしました。
 機構部を生産機械システム技術科、制御部を生産電子システム技術科に割り振り2科合同で取り組むことにより、チーム単位での製作を体験し、将来を見据えた実践技術の向上を目的としています。

成果

 本装置の操作は、ワークを装置に設置し、位置調整・固定・剥離幅入力までは、作業者の手動操作で行います。ワーク固定後は、保護シートのカッティング、被剥離部分のクランプ、保護シートの剥離という手順を自動制御により行います。

1.手動運転
 機器の調整や問題が発生した場合、各機構を手動で操作することにより異常要素を取り除きます。操作したい機構部を選択し、機構部毎に用意している操作画面でそれぞれの操作を行います。
2.自動運転
 自動運転開始までの準備として、カッティングヘッドの走行速度を設定し、カッターの刃先調整を行います。その後、各機構を原点復帰し、ワークの固定、剥離幅入力、ワーク種類の指定という順序になります。自動運転をスタートすることで一連の動作を開始します。表1に仕様を示します。
保護シートカッティング剥離装置の開発(H20)の画像1
図1 保護シートカッティング剥離装置
保護シートカッティング剥離装置の開発(H20)の画像2
図2 システム構成図
保護シートカッティング剥離装置の開発(H20)の画像3
表1 仕様